仙台土産

仙台 土産

私が思いつく仙台の土産と言えば牛タンと笹かまぼこでしょうか。私が何年か前に仙台に行ったときに買ったのも笹かまぼこでした。観光で仙台に行ったわけじゃないので当時はそれぐらいしか知りませんでした。けれど今回調べてみると色々あって、魅力的なお菓子や名産品が一杯ありました。そんな仙台土産を紹介していきます。

仙台土産のお菓子

荻の月(菓匠三全)

仙台土産の定番となっている銘菓、荻の月。やわらかくてふかふかなカステラの中にカスタードクリームがたっぷりと入っています。有名になったきっかけは、歌手の松任谷由美さんが紹介したからだそうです。

全国にある、似たようなお菓子の中でも一番と言われています。同じようにやわらかい生地にチョコクリームを使った荻の調と呼ばれるお菓子もお勧めです。

ずんだ餅

ずんだ豆とは枝豆を指します。枝豆を煮て柔らかくした後に砂糖を混ぜます。これが「ずんだ」です。そうしてできた「ずんだ」を餅にまぶしたものが「ずんだ餅」と言います。後味が良いので、どんどん次々と食べてしまう美味しさです。ビタミンCが含まれているので美容にも良く、ヘルシーなお土産になるでしょう!

ずんだロール

ずんだと関連する土産として「ずんだロール」を紹介します。ずんだロールはロールケーキにずんだを使っているものです。見た目は緑色をしていて抹茶かな?と勘違いしてしまいそうです。ずんだ餅と同様にヘルシーなお菓子となっています。

支倉焼

フレッシュバターと卵、砂糖を練り上げて生地にします。その中にクルミを含む白餡が入っています。荻の月や笹かまよりも一番美味しいと言う人がいる、人気のある仙台のお土産の一つです。

喜久福

喜久福は人気のある大福のお菓子です。全部で3種類あり、生クリームをこし餡が包み込み、さらにその上にお餅で包み込むという生クリーム大福、生クリームではなく高級な抹茶を使用した一番人気の抹茶クリーム大福、生クリームにこし餡ではなく「だだちゃ豆入りずんだ餡」を使って包み込むずんだ生クリーム大福があります。クリームがとろりとしていて美味しい、仙台の土産です。

栄太楼の生どら焼き

最近人気の仙台土産が栄太楼の生どら焼きです。北海道産のあずきを使用したあんこと生クリームを組み合わせたあんこ、蜂蜜を使用してふっくらしているどら焼きの皮。ふっくらと食べごたえのある仙台のお土産になっています。


仙台土産の名産品

笹かまぼこ

宮城県発祥の名産、笹かまぼこは笹の形をしている仙台土産です。歯ごたえがプリプリとしていて美味しい定番の商品。種類が豊富で、お土産を買う人に合わせたタイプを選ぶことができるでしょう。

白謙の揚げかま

笹かまぼこも売っている白鎌の揚げかまもオススメです。さつま揚げタイプと野菜の入ったタイプの2種類あります。血行促進効果のあるビタミンEが含まれている揚げ油を使用しています。

牛タン

仙台発祥の牛タンは、仙台名物として代表的なお土産になっています。仙台市には数多くの専門店があるのも特徴です。専門店の味を家庭でも楽しむことができる牛タンをぜひ一度味わってみてください。