長崎土産

長崎 土産

長崎と言えばカステラやちゃんぽん。食グルメの旅をしたくなるような港が栄えている街。そんな長崎の注目されている長崎土産を紹介。

長崎土産の銘菓

長崎カステラ

長崎土産でも知ると知られるダントツの定番は長崎カステラ。皆様に昔から愛され続けている長崎カステラは、小麦粉や卵に砂糖を使用しております。

職人さんの見事な腕前、カステラを作るときの場所や天候などを、一つひとつがカステラを作る際に影響が出てしまう程、繊細でデリケートな銘菓なのです。長崎土産には、本場長崎カステラをお一つどうぞ。

九十九島せんべい

日本有数の国立公園指定地である九十九島。歯ごたえサクサクの食感と、ピーナツの甘い香が独特である銘菓。少々甘味のある亀甲形のおせんべいで、中にはピーナツが入っています。

おたくさ

雨の長崎をイメージさせるあじさい。そのあじさいの花びらの形をしたパイ生地の銘菓です。名前の由来は、シーボルトが忘れる事ができない、おたきという女性なのです。ほどよい焼き具合が良く、サクサクッとした歯ごたえは、口当たりが軽く食べていてもしつこくない甘さが絶妙。一度口にするとやめられない銘菓。

かんころもち

昔、豊作やお米が採れなかった時期に考えられた、長崎名物のかんころもち。薄く切ったさつまいもを、ゆでた後に干して作られ、もち米と一緒に作られたもの。地元住民には欠かせない長崎の逸品。昔ながらの長崎を味わえるかんころもち。長崎土産にもってこいの商品です。

びわゼリー

長崎特産の茂木びわを使用したゼリー。透きとおったゼリーの中に、さりげなく浮いているびわ。おしゃれ感漂わせる素敵な洋生菓子。


長崎の代表される麺土産

長崎ちゃんぽん

カステラの他に、もう一つ代表される長崎土産といえば長崎ちゃんぽん。野菜や新鮮なお肉がたっぷりの長崎ちゃんぽん。味もあっさりとしており、とても食べやすい一品。長崎に訪れた際には是非味わってみてください。

長崎皿うどん

ちゃんぽんとはまた違う麺タイプであり、パリパリに揚げた麺に、とろーりとろけたあんかけスープ。海の幸や山の幸たくさんの具材を大いに使用した皿うどん。ちゃんぽんと同じくらい昔ながらの伝統を持ち続けている長崎名産なのです。


長崎民芸品

椿油

五島列島にあるヤブ椿という自然の椿の実を絞った、自然溢れる天然の油。また高級品とされており、天ぷら油や化粧品としても使用されているのです。また、五島うどんにもこの椿油が使用されているのですよ。この椿油はお料理に使用するのももちろん、女性の皆さまには一度使用していただきたい高級感漂う長崎土産ですね。

つげ櫛

昔から、職人さんがつげの木を削り、一つ一つ丁寧に手作業で櫛歯の部分を削りとっていました。古来から受け継がれて来たその技術は、まさに本物であり、多くの日本女性に愛され続けている長崎民芸品なのです。女性らしさをアピールさせる長崎土産にはおすすめです。