福島土産

福島 土産

福島土産って何を思い浮かべるでしょうか?今まで福島と縁が無かった人にとっては思いつかないかもしれません。福島土産に困ったら、参考にしてみてください。きっと喜ばれるお土産が見つかると思います。

福島土産の名産品

喜多方ラーメン

一度は喜多方ラーメンという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。喜多方ラーメンは福島県喜多方市周辺で作られているラーメンです。

スープは醤油味がベースとなっていて、麺は太目の縮れ麺が特徴となっています。福島の土産用としての喜多方ラーメンは生ラーメンが多いのではないでしょうか。ラーメンであれば、あまり手間をかけずに美味しく食べられるのがうれしいですよね。きっと土産としても喜ばれると思います。

また、もっと手軽に食べられる喜多方ラーメンを土産にしたいと考える方は、カップラーメンも売られています。カップラーメンなら長期保存も可能ですから、食べたいときに食べられるので、貰って困る人は少ないのでオススメです。

凍みもち

凍(し)みもちは、福島の伝統食品です。草もちを屋外に吊るして一度凍らせます。そして、風通しの良いところで乾燥させることで出来上がります。乾燥させているため、保存料を使わなくても長期保存ができるようになっています。繊維もたっぷり含まれている健康食品にもなっています。

福島県は桃が取れる地域になっています。そのため、時期によっては美味しい桃を土産にするのも喜ばれます。また、桃だけでなく福島桃のゼリー、福島桃のプリンなども売られています。特に桃のプリンは人気商品となっているので、甘いものが好きな人へのお土産にしてみてはいかがでしょうか。

福島土産のお菓子

ままどおる

ままどおるは福島土産の中で一番喜ばれるものかもしれません。ミルクをたっぷり使った餡に、やわらかいカステラ生地で包みこまれているお菓子です。子供から年配の方まで誰でも美味しく頂けるお土産となっています。

姉妹品にチョコままどおる、エイソンパイなどがあります。チョコままどおるはチョコ味になっており、10月から5月までの期間限定で販売されています。エキソンパイはパイなので生地が香ばしく、餡の中にクルミが入っているのが特徴です。どれも美味しいので福島土産に最適です!

大黒屋

大黒屋はお菓子の名前ではなくお店の名前です。この大黒屋には、くるみゆべしと梅ドラの人気商品があります。くるみゆべしは、くるみをたっぷり用いており醤油によって味を引き立てています。添加物を使用しておらず、甘さが控えめになっています。

梅ドラはドラ焼きの中に梅が入っているイメージでいいと思います。ただ、餡が梅餡と呼ばれるまろやかで、甘酸っぱくなっています。こちらも甘さ控えめになっており、大人向けのお土産といえるかもしれません。

柏屋

柏屋も大黒屋と同様、お店の名前です。柏屋のお土産の定番として薄皮饅頭があります。薄皮饅頭は、名前からもわかるように皮が薄くなっています。こしあんとつぶあんの両方があり、好きなほうを買うことができます。また、檸檬(れも)と呼ばれる焼き菓子があります。ミルクとクリームチーズが混ざり合っており、レモンの味と匂いがほのかにします。口どけも良い美味しいお菓子となっています。